MacにNode.jsとnpmをインストールする方法【初心者向け】

npm

この記事では、MacにNode.jsとnpmをインストールして、npmコマンドを使えるようにする方法を紹介しています。

スポンサーリンク

npmとは

npmは「Node Package Manager」の略称です。その名前の通り、Node.jsのパッケージを管理するために使用されます。

npmでインストールできるパッケージには、「Vue.js」や「React」、「Bootstrap」などがあります。

その他にも様々なパッケージをインストールすることができ、フロントエンド開発の現場では、欠かせないツールとなっています。

Node.jsとnpmのバージョンを管理する方法

Node.jsをインストールするには、公式ページからインストーラをダウンロードしてインストールする方法以外にも、「nodebrew」を使う方法があります。

「nodebrew」は、Node.jsのバージョンを管理するためのツールです。

「nodebrew」を使うと、様々なバージョンのNode.jsをインストールしておいて、必要なタイミングで切り替えられます。

複数のプロジェクトに参加していると、Node.jsのバージョンが違う場合がありますが、「nodebrew」のおかげで簡単に環境を揃えることができるようになります。

ただし、「nodebrew」は便利なのですが、CUIの操作に慣れていないと操作に手間取るため、今回は使用しません。

nodebrewのインストール方法は別の機会に紹介できればと思います。

Node.jsとnpmをインストールする

今回はインストーラーを使って、手軽にNode.jsとnpmをインストールする方法を紹介します。

Node.jsの公式ページにアクセスして、最新版のインストーラをダウンロードしてください。

Node.js
Node.js® is a JavaScript runtime built on Chrome's V8 JavaScript engine.

ダウンロードができたら、インストーラをダブルクリックして起動します。

メッセージが表示されるので、内容を確認してインストールを進めます。

インストールが完了したら、ターミナルでNode.jsとnpmのバージョン確認コマンドを実行します。

$ node --version
========================
v10.11.0
$ npm --version
========================
6.4.1

それぞれバージョンが表示されていれば、インストールは完了です。

npmの使い方

npmの基本的な使い方を確認しておきます。

npmのバージョン確認

npm自体のバージョンを確認する際に、実行します。

npm --version

プロジェクトの初期化

実行したディレクトリ以下を、npmで管理するプロジェクトの対象とするために使用します。

実行すると、プロジェクト初期化の質問が表示されます。

実行後に“package.json”が作成され、その中にプロジェクトの情報が記載してあります。

$ npm init

パッケージのインストール

パッケージをインストールする際に使用するコマンドです。

$ npm install <パッケージ名>

バージョンを指定してパッケージをインストールしたいときは、パッケージ名の後ろに”@ + <バージョン番号>”を指定します。

$ npm install <パッケージ名>@<バージョン番号>

パッケージのアップデート

パッケージを更新するために使用します。

$ npm update <パッケージ名>

パッケージのアンインストール

プロジェクトからパッケージを削除するときに使用します。

npm uninstall <パッケージ名>

まとめ

Node.jsとnpmのインストール方法を紹介しました。

npmを利用すると、便利なライブラリ等を簡単に追加できるようになりますので、フロントエンド開発を効率的に進めるためにも、npmを活用してみてください。

npm初心者向け
スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォローする
スポンサーリンク
Public Constructor