【Mac】phpbrewでインストールしたPHPにgdを追加する

PHP

この記事ではphpbrewを使ってインストールしたPHPにgdエクステンションを追加する方法を紹介します。

使用した環境は下記のとおりです。

OSのバージョン:   macOS 10.14.4
phpbrewのバージョン: 1.23.1
PHPのバージョン: 7.1.27
シェル: fish
スポンサー

gdエクステンションをインストール

gdをMacにインストールしていない場合はbrewでインストールします。

$ brew install gd

“phpbrew ext install”でextensionをインストールします。

$ phpbrew ext install gd

gdが有効化されているかどうか確認します。

$ phpbrew extension

Loaded extensions:
 [*] bcmath       7.1.27
 [*] bz2          7.1.27
 [*] calendar     7.1.27
 [*] ctype        7.1.27
 [*] curl         7.1.27
 [*] date         7.1.27
 [*] dom          20031129
 [*] fileinfo     1.0.5
 [*] filter       7.1.27
 [*] gd           7.1.27
 [*] hash         1.0
 ...

GDインストール時にJPEGサポートを有効にする

imagejpeg()を使いたい場合は、JPEG Supportを有効にしなければなりません。

JPEG Supportを有効にするには、GDのインストール時に「–with-jpeg-dir」を指定します。

$ phpbrew ext install gd -- --with-jpeg-dir=/usr/local/lib

インストール後にphp -iで「JPEG Support => enabled」になっていることを確認します。

$ php -i | grep -i jpeg

JPEG Support => enabled

gdインストール時に発生したエラーと対処方法

configure: WARNING: You will need re2c 0.13.4 or later if you want to regenerate PHP parsers.

brewを使って”re2c”をインストールします。

$ brew install re2c

configure: error: PNG support requires ZLIB. Use --with-zlib-dir=<DIR>

このエラーを解消するためには、”–with-zlib-dir”オプションにzlibのパスを指定する必要があります。

brewでzlibをインストールしている場合は、下記のように”brew –prefix zlib”を使うことができます。

※fishを使用しているため未確認ですが、bashやzshをお使いの場合、”$(brew –prefix”とカッコの前に”$”をつける必要があるかもしれません。

$ phpbrew ext install gd -- --with-zlib-dir=(brew --prefix zlib)
PHPphpbrewツール
スポンサー
フォローする
スポンサー
Public Constructor